Sitemap

メイン州には約 40 人のゴールデンレトリバーのブリーダーがいます。これらのブリーダーのほとんどは、ポートランド地域に住んでいますが、バンゴーとオーガスタにもいくつか住んでいます。これらのブリーダーの大半は、1 匹か 2 匹の犬を飼っている小さな愛好家ですが、最大 12 匹の犬を収容する大きな犬小屋を持っているブリーダーもいます。ゴールデンレトリバーはメイン州で最も人気のある犬種の 1 つであり、資格のあるブリーダーから常に子犬の需要があります。

メイン州で私に最も近いゴールデンレトリバーのブリーダーはどこですか?

すべての州にゴールデンレトリーバーのブリーダーがいるわけではありません。近くのゴールデンレトリバー ブリーダーを見つけるには、AKC のブリーダー ディレクトリを使用するか、地元のドッグ クラブやレスキュー団体に連絡してください。Dogster や Yahoo! などのオンライン リソースも確認してください。グループ。最後に、自分のゴールデンレトリバーを繁殖させることに興味がある場合は、決定を下す前に必ず評判の良いブリーダーに相談してください.

ゴールデンレトリバーが健康を維持するために必要なものは何ですか?

ゴールデンレトリバーは、イギリスで生まれた犬種です。彼らは使役犬として飼育され、1800 年代から狩猟に使用されてきました。

ゴールデンレトリバーには、十分な運動、適切な栄養、トレーニングが必要です。一か所にとらわれず、走り回って遊べる環境で飼育してください。また、ゴールデンレトリバーは、被毛を健康で清潔に保つために、定期的に手入れをする必要があります。

すべてのブリーダーは子犬が家に帰る前にワクチンを接種していますか?

すべてのブリーダーは子犬が家に帰る前にワクチンを接種する必要がありますが、ブリーダーが狂犬病の発生率が高い地域にいる場合は特に重要です。一部の州では、すべての犬が販売または採用される前に狂犬病の予防接種を受ける必要があり、多くの自治体でも同様の要件があります。子犬の購入者は、自分の地域で必要な特定の予防接種があるかどうか、地域の保健部門にも確認する必要があります。

子犬は何歳から家に連れて帰れますか.

子犬を家に連れて帰る準備ができたら、メイン ゴールデン レトリバー クラブは、子犬が生後 8 週間で、体重が 2 ポンドであることを推奨しています。子犬はまた、最初の一連のワクチン接種と駆虫治療を完了しておく必要があります。新しい子犬をいつ家に持ち帰るかについてのより具体的なアドバイスについては、獣医師に相談してください。

ゴールデンレトリバーの平均寿命は?

ゴールデンレトリバーの平均寿命は10~12年です。ゴールデンレトリバーの中には、15年から16年生きるものもいます。

ゴールデンレトリバーにはサイズがありますか?

ゴールデンレトリバーにはさまざまなサイズがありますが、最も一般的なサイズは、身長が約 18 ~ 24 インチ、体重が約 55 ~ 85 ポンドです。ゴールデンレトリバーの中には、これよりも小さいものや大きいものもありますが、平均的なサイズはこれらの数値に近いものです。

ゴールデンレトリバーを選ぶ際に考慮すべきもう1つのことは、その性格です。親しみやすく、遊び好きで、服従訓練に関しては従順で信頼できる犬が必要です。忠実なコンパニオンとして役立つゴールデンレトリバーを探している場合は、高さ 18 ~ 24 インチ、重さ 55 ~ 85 ポンドのものが必要です。

シェルターや救助組織からゴールデンレトリバーを引き取ることに興味がある場合は、さまざまなサイズが利用できることに注意してください。特定の要件に一致するものがすぐに見つからなくても心配しないでください.実際、多くのシェルターには、いつでも採用できるさまざまなサイズのゴールデンがいくつかあります。

ゴールデンレトリバーはゴールド以外に何色になれる?

ゴールデンレトリバーには、ゴールド以外にも多くの色があります。これらの色には、黒と黄褐色、レバーと白、赤と白、黄色とクリーム、チョコレートと黄褐色、小麦とアプリコット、シナモンとブリンドルなどがあります。子犬が何色になるかは、両親の遺伝子に大きく依存します。

オスとメスのゴールデンレトリバーはどちらがより良いペットになりますか?

個々の犬の性格や行動など、さまざまな要因に依存するため、この質問に対する決定的な答えはありません。ただし、一般的に言えば、オスのゴールデンレトリバーはメスのゴールデンレトリバーよりも活動的であり、エネルギッシュなペットが必要な人には適している可能性があります.一方、メスのゴールデンレトリバーは通常、オスよりも活動的ではありませんが、穏やかな性質のため、より良い家族のペットになります.最終的には、各品種の特定の特徴に関する情報を提供できるゴールデンレトリバーのブリーダーを選択して、どのタイプのゴールデンレトリバーがあなたに最適かについて十分な情報に基づいた決定を下すことが重要です.

ゴールデンレトリバーは、ブリーダーまたはシェルター/レスキュー組織から入手する方が良いですか?

ゴールデンレトリバーを取得する最良の方法は、個々の状況によって異なる場合があるため、この質問に対する万能の答えはありません.ただし、一般的に言えば、シェルターやレスキュー組織からゴールデン レトリバーを取得するよりも、ブリーダーからゴールデン レトリバーを取得する方が適切です。その理由を次に示します。ブリーダーは、ゴールデンの飼育経験が豊富で、気質や身体的にもあなたの特定のニーズに適した犬を提供することができます.2.ゴールデンの繁殖は費用のかかるプロセスです。シェルターやレスキュー団体から子犬を購入する場合、ブリーダーから子犬を購入するよりも大幅に費用を抑えることができます.3.ブリーダーから子犬を購入すると、犬の両親と直接やり取りする機会が得られます (利用可能な場合)。これにより、新しいゴールデンがさまざまな状況でどのように動作し、行動するべきかについての貴重な洞察を得ることができます.4.ブリーダーから子犬を購入すると、その犬を受け取ることが保証されます。現在から子犬が成犬になるまでの間に何かが起こった場合 (例えば、犬が病気になったり亡くなったりした場合)、彼のような別の子犬を得る可能性はほとんどありません/ほとんどのブリーダーは養子縁組のために子犬を出さないからです.

すべてのカテゴリ: ブログ