Sitemap

アラスカンマラミュートは、もともと北アメリカの北極地方で飼育されていた、大きくて強力な犬です。これらの犬は非常に用途が広く、そり、狩猟、重い荷物の引き寄せに使用できます。彼らはまた、彼らの穏やかな性質と彼らの所有者への強い忠誠心で知られています。一部の人々は、犬の多様性と強さを高める方法として、アラスカンマラミュートとオオカミを混ぜることを選択します。このハイブリッド犬種は、世の中で最も知的な犬種の1つと見なされることがよくあります。

アラスカンマラミュートの身体的特徴は何ですか?

アラスカンマラミュートは、毛皮の厚いコートを着た大きくて筋肉質の犬です。彼らは広い頭と強力な顎を持っています。彼らの目は通常暗褐色または黒色であり、ドッキングまたは羽毛状になっている可能性のある長い尾を持っています。アラスカンマラミュートは知的で訓練が簡単ですが、服従訓練に関しては独立して頑固になる可能性があります。彼らは良い家族の犬を作りますが、退屈したり孤独になったりすると破壊的になる可能性があるため、長期間放っておくべきではありません。

アラスカンマラミュートはどこから来たのですか?

アラスカンマラミュートは、アラスカの中央北部地域から来た飼いならされた犬です。アラスカンマラミュートは、1900年代初頭に、使役犬およびコンパニオンアニマルとして飼育されました。今日、アラスカンマラミュートは、その強さ、敏捷性、持久力により、世界で最も用途の広い犬の1つと見なされています。

アラスカンマラミュートの歴史は何ですか?

アラスカンマラミュートは、もともと北アメリカの北極地方で飼育されていた、大きくて強力な犬です。アラスカンマラミュートは、アラスカンオオカミとシベリアンハスキーの2種類の犬を組み合わせたものです。アラスカンマラミュートは、1900年代初頭に、そりや狩猟の使役犬として最初に飼育されました。今日、アラスカンマラミュートは、入手可能な最も用途の広い犬の1つと見なされており、狩猟、そり、カートの引き、財産の保護など、さまざまな目的に使用できます。

アラスカンマラミュートはどれくらい大きくなりますか?

アラスカンマラミュートは、最大の純血種の犬種の1つです。それらは肩で24から30インチの高さに成長し、110から150ポンドの重さになる可能性があります。一部のアラスカンマラミュートは、180ポンド以上に達することさえあります!アラスカンマラミュートのコートは厚く、通常は黒、茶色、または白で、灰色または銀色のパッチがいくつかあります。頭、首、胸、前足の毛皮は非常に長く、波打っています。彼らの耳は三角形の形をしていて、通常は青または緑の大きな目があります。アラスカンマラミュートはもともと、カリブーを狩るためのそり犬としてアラスカで飼育されていました。今日、彼らは彼らの優しい性質と愛情のこもった性格のために素晴らしい家族のペットを作ります。アラスカンマラミュートは、吠え声が少ない気質のため、優れた番犬になります。ただし、サイズと体力の関係で小さな子供と一緒に放置しないでください。アラスカンマラミュートは、飼い主に忠実であるだけでなく、屋外でおもちゃや他の犬と一緒にフェッチを楽しむこともできるため、優れた家族犬です。彼らは他の動物(猫を含む)とうまくやっていますが、動物が彼らを恐れないほど若いときに適切に紹介されれば。アラスカンマラミュートは通常10〜12年生きますが、飼い主がうまく治療すれば15年まで生きることができます。-アラスカンマラミュートとオオカミの混合:これら2つの品種は異なる環境から来ているため、一緒に暮らすときはゆっくりと調整することが重要です。-サイズ:平均的なアラスカンマラミュートは、肩で24 "– 30"の範囲(36 "に達するものもあります)、体重は110lbs – 150lbs(180lbs以上に達するものもあります)です。-コート:コートは任意の色にすることができます欠点と見なされる黒一色を除く。-耳:耳は三角形で大きな目を持つ必要があります。–性格:原則として、これら2つの品種はうまくいきますが、各動物がどれだけ恐れ/反応するかによっては例外があります。 –活動レベル:子犬として、これらの2つの品種は、お母さんが喜んで見守っている間、お互いを追いかけて外を走り回る以外に何も好きではありません。しかし、大人としては、屋内でのんびりしたり散歩したりするなど、より静かな活動を好むでしょう。–住居の要件:一般的に、アラスカマラミュートは屋外の犬小屋で最適ですが、問題なく屋内で飼う人もいます。–この品種に関連する健康上の問題:この品種に特有の健康上の問題は多くありませんが、すべての大型犬の品種と同様に、ペットのルーチンに大きな変更を加える前に、必ず獣医に確認する必要があります。–グルーミング要件:適度な量のグルーミングが必要です–食事と栄養の必要性:すべての大型犬種と同様に、アラスカマラマウテには、十分な運動(1日あたり少なくとも20分)に加えて、栄養上のニーズを満たす高品質の犬が必要です。

アラスカンマラミュートは良い家のペットを作りますか?

アラスカンマラミュートを家のペットとして採用するかどうかの決定は、個々の動物に固有のさまざまな要因に依存するため、この質問に対する万能の答えはありません。しかし、一般的に、アラスカンマラミュートは穏やかで愛情のある動物であり、すべての年齢の人々にとって良い仲間になります。彼らはまた、比較的メンテナンスの少ないペットであり、定期的なブラッシングと時折の獣医の健康診断以外の運動やケアをほとんど必要としません。

アラスカンマラミュートを家のペットとして飼うことの潜在的な欠点には、エネルギーレベルが高く、脱落する傾向があることが含まれます。これらの特性は、服従訓練や友人とのそり競技などの活動に注ぎ込むことができますが、範囲外に出たときに制御することは不可能ではないにしても難しい場合もあります。最後に、アラスカは大型犬であるため、小さな子供がいる家や大型犬を扱えないペットには適さない場合があります。

アラスカンマラミュートにはどのような性格がありますか?

アラスカンマラミュートは非常に忠実で愛情のある犬です。彼らは素晴らしい家族のペットを作りますが、適切に訓練されていなければ、彼らは独立することができます。アラスカンマラミュートは強い獲物ドライブを持っているので、走ったり遊んだりするのに十分なスペースがある人に最適かもしれません。これらの犬は頑固であることでも知られているので、訓練の早い段階でルールを確立することが重要です。アラスカンマラミュートは、大きな吠え声と鋭い歯のために、優れた番犬になります。

アラスカンマラミュートはたくさんの運動を必要としますか?

アラスカンマラミュートは、その耐久性と長距離をカバーする能力で知られています。彼らは多くの運動を必要としませんが、彼らは走ったり遊んだりするためのたくさんの機会を与えられるべきです。

アラスカンマラミュートはどのくらいの身だしなみを必要としますか?

アラスカンマラミュートは多くの手入れをする必要があります。彼らは定期的にブラシをかける必要がある長い毛皮を持っており、汚れたときに手入れをする必要もあります。アラスカンマラミュートは、髪がつや消しになっている場合、または肌につや消しがある場合にも手入れをする必要があります。アラスカンマラミュートは通常、特別なケアをあまり必要としませんが、長生きできるように清潔で健康に保つことが重要です。

アラスカンマラミュートは子供や他の動物に適していますか?

子供や他の動物とのアラスカンマラミュートの行動は、個々の動物の性格や相互作用の歴史によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、一般的に、アラスカンマラミュートは、幼い頃から適切に社会化されていれば、子供や他の動物に適しています。

アラスカンマラミュートはもともとアラスカでそり犬として飼育されていたので、チームとして一緒に働くことに自然に長けています。彼らはまた、彼らが彼らを知る機会を与えられれば、子供を含む他の動物と通常仲良くする非常に穏やかな生き物です。

アラスカンマラミュートを家族に加えることを検討している場合は、必ず彼または彼女に十分な運動と注意を払ってください。そして覚えておいてください:あなたが他の動物と同じように、子供や他のペットの周りにいるときは常にあなたのペットを監督してください。

Alakkan Malmutesには一般的にどのような健康上の問題がありますか?

アラスカンマラミュートは一般的に、次のような多くの健康問題に悩まされています。

-股関節形成不全

-肘異形成

-白内障

-膨張

-うっ血性心不全

-クッシング病(胸部の炎症や腫れを引き起こす状態)

-膝蓋骨脱臼(膝蓋骨がソケットから滑り落ちる状態)

-屋外での作業中または演奏中に大きな音にさらされることによる難聴または難聴。

Alakkan Mallmutesは平均してどれくらい生きますか?

アラスカンマラミュートは、平均して約12〜15年という長い寿命で知られています。彼らは20年以上も生きることができます。

Alakkan Mallmuteを所有する際に考慮すべき特別な考慮事項はありますか(ダイエット、トレーニングなど)?

オオカミと混合したアラスカンマラミュートを所有する際に留意すべきことがいくつかあります。まず、マラミュートは使役犬であり、彼または彼女を適切に訓練するためにいくつかの作業が必要になることを覚えておくことが重要です。第二に、あなたの子犬に主に肉と新鮮な野菜からなる食事を与えることを忘れないでください。

すべてのカテゴリ: ブログ